スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

森岳じゅんさい鍋セット【3人前】



ジュンサイ鍋
じゅんさいそのものは国内各地で見ることができますが、なぜ三種町が日本一の生産地なのか?
それには理由があります。まずは「水」。世界遺産白神山系「素波里」と出羽山系「房住山」からの水、どちらも悠久の自然が育む水です。
三種町にはこの両方の水が流れ込んでいます。そして「土」。睡蓮科の植物であるじゅんさいは沼底の土にしっかりと根を張っています。いくら水が良くても土壌が豊かでないとよいじゅんさいは育ちません。三種町は幻のあきたこまち「岩川水系米」という美味しい米が育つ豊かな土壌に恵まれているのです。
最後に「環境管理」。実は天然沼に必ずしもいいじゅんさいが生るわけではありません。水深のある沼ではじゅんさいも生息しにくかったり、水かさが深くて1度しか摘み採りがでいない場合も多いのです。(じゅんさいは最初の芽よりも2番芽、3番芽と良くなっていきます。)
そして何よりも品質管理が困難です。幸か不幸か三種町では米の減反政策により田んぼをじゅんさい沼に転作する農家が増えました。その結果、区分けによる水質管理、防虫、栽培サイクルの計画等がしやすくなり、高い品質を保てるという利点が生まれました。冬、沼を覆う雪の上に大豆などの有機肥料を均一に散布しシーズンに備えるなど、じゅんさい農家の地道な努力が「日本一のじゅんさい産地」を支えているのです。

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://affilitemplate.blog105.fc2.com/tb.php/13-da72517f

-

管理人の承認後に表示されます

国産安心食材鍋の通販お取り寄せWEB温泉トラフグ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。